消費者金融のアコムでお金を借りる

消費者金融のアコムでお金を借りることについて

消費者金融のアコムでお金を借りる!

 

三菱UFJフィナンシャルグループのアコムは、ローン事業・クレジットカード事業・信用保証事業等を展開している会社ですが、ここではローン事業の内容についてのみ、お話していきたいと思います。ちなみに本社は東京の丸の内にあり、創業は1936年、設立は1978年となっています。

 

アコムではキャッシング専用のアコムカードを発行して、カードローンのサービスを行っています。借入限度額は500万円までで利率は4.7%〜18.0%となっており、初回利用者に限り、契約日の翌日から30日間無利息の特典がありますが、返済期日を35日毎に設定した人のみとなっています。この特典は、クレジットカードや借り換えローンの利用者は対象外となっています。またこの期間の返済は、元金のみの返済となります。また融資は限度額の範囲内で繰り返し借りることが出来、20歳〜69歳までの安定した収入と返済能力を持っていて、アコム独自の基準を満たしている人なら、誰でも利用することが出来ます。担保や連帯保証人は要りません。

 

また2度目以降の借入は、来店しない場合でもネット・スマホ・携帯電話で行うことも可能となっています。契約完了後でしたら手数料無料年中無休で、楽天銀行の口座から最短1分で振込をしてもらえます。店頭窓口(営業時間内)・提携ATM・無人契約機「むじんくん」でも、都合のいい時間に借入可能です。返済は店頭窓口・提携ATM・の他、急に期日通りに返済出来なくなった場合はフリーコールに電話をするか、Pay-easyを利用してネット上の手続きだけで行うことも出来ます。Pay-easyの利用には所定の手続きが必要となりますので、御注意ください。

 

次にアコムに初めて申し込む際の手続きについて、少し詳しくお話しておきます。この際には、必ず事前に個人情報の取扱・指定情報機関への登録と利用・ACメールサービス利用規約・電磁波交付利用・AC会員規約・貸付条件・ATM手数料に関する規則に同意しておく必要があります。その後、氏名・急性の有無・生年月日・性別・独身か既婚か・メールアドレス(ケータイ電話のものでも可)自宅の郵便番号・住所・電話番号・建物の種類・家賃やローンの額、家族構成・勤め先情報・他社からの借入状況・希望限度額を御記入の上、申し込んでください。

 

また返済期日は、35日毎か毎月の指定期日のどちらかを選ぶことが出来、希望限度額を決める前に、返済シミュレーションや返済早見票を利用して概算を出すことも出来ます。eメールサービスというものに登録すると、その都度返済期日を知らせてもらうことも出来ます。もし借入額が50万円以上になったり、他社との借入額との合計が100万円以上になったときは、以前の収入証明書提出から3年以上が経過している場合は、最新の源泉徴収票・1カ月分の給与明細・市民税県民税決定通知書・課税証明書か通知書・所得証明書か通知書が必要となります。返済方式は定率リボルビング方式となっています。

 

関連ページ

消費者金融のプロミスでお金を借りることについて
消費者金融のプロミスでお金を借りることについて。プロミスの申し込み・審査・金利・借り入れ方法などについて解説します!
消費者金融のアイフルでお金を借りることについて
消費者金融のアイフルでお金を借りることについて。プロミスの申し込み・審査・金利・借り入れ方法などについて解説します!
消費者金融のSMBCモビットでお金を借りることについて
消費者金融のSMBCモビットでお金を借りることについて。SMBCモビットの申し込み・審査・金利・借り入れ方法などについて解説します!
みずほ銀行カードローンでお金を借りることについて
みずほ銀行カードローンでお金を借りることについて。みずほ銀行カードローンの申し込み・審査・金利・借り入れ方法などについて解説します!
バンクイックでお金を借りることについて
三菱UFJ銀行のバンクイックでお金を借りることについて。バンクイックの申し込み・審査・金利・借り入れ方法などについて解説します!
三井住友銀行カードローンでお金を借りることについて
三井住友銀行カードローンでお金を借りることについて。三井住友銀行カードローンの申し込み・審査・金利・借り入れ方法などについて解説します!
オリックス銀行カードローンでお金を借りることについて
オリックス銀行カードローンでお金を借りることについて。オリックス銀行カードローンの申し込み・審査・金利・借り入れ方法などについて解説します!