一度に何社まで申し込み可能?

一度に何社まで申し込み可能?

複数の消費者金融に一度に申し込みをするのは大丈夫?

 

ではここで、すぐにお金を借りたい場合、1回に何社まで申し込むことが可能か?という質問についてお話していきたいと思います。

 

キャッシングは基本的には1回に何社でも申し込むことが出来ますし申し込み・審査自体は無料ですのでお金を取られるという心配は無用です。ですが一辺に4社も5社も申し込みますと、他社からの借入の返済に回そうとしているブラックだと思われてしまいますので、決してそうしないようにしてください。但し審査に不安のある人や30万円以上の借入をしたい人は、時間を置いて申し込むのであれば、2社までは申し込んでも差支えはないと思います。というか、3社以上の一度の申し込みは意味がないと判断します。また消費者金融や信販会社のキャッシングを利用する場合には、年収の3分の1以上は借りられない総量規制がありますので、借入限度額は出来るだけ低めに抑えておき、合計した時に規定の限度額を超えない設定になっているよう注意をする必要があります。

 

借入限度額は年収が増えていくに従い段々に上げていくことは出来ますが、契約してから半年程は増額出来ない所が多くなっていますので、これも注意しておかなければなりません。一方銀行のカードローンですと、こちらの借入は銀行法に則って行いますので、総量規制による金額の制限を気にする必要がありません。従って100万円以上の借入限度額を希望している場合には、消費者金融等に何社も申し込むよりは、銀行のカードローンの方に1つだけ申し込んだ方が良いと思います。但し審査は若干ですが厳しめになりますので、それでも構わなければということにはなります。

 

先程お話した総量規制に則って計算しますと、もし年収が600万円だとしますと200万円までしか借りられませんので、2社続けて申し込むとしても、借入限度額が合計で200万円を超えないようにすることが大切です。1社で50万円複数社で100万円の以上の借入になる場合は、源泉徴収票や直近数カ月分の給与明細や確定申告書等の収入証明書の提出が必要になります。また2社申し込む場合には同時進行で申し込むのではなく、1社の一連の手続が全て終了してから、しばらく時間をおいてから申し込むというようにしますと、2社から互い違いに連絡が来て、混乱するということもなくなります。この時間を置いて申し込むという行為は時間的に連続して申し込むよりも、慌てて何社も申し込もうとしているという印象を与えずに済むという意味で、賢明なやり方だと言えます。例え2社の申込であっても、これはとても大切なことです。