消費者金融の審査基準とは

消費者金融の審査基準とは

消費者金融の審査基準とは?

 

消費者金融の契約・融資を受けるためには、まず審査を受けなければなりませんが、よく言われるのは借入履歴に関する話です。それは確かに重要なのですが、ではその他のことはどうでもよいのかと言うと、決してそんなことはありません。そこでここでは、それ以外では何を審査されるのかについて、お話していきたいと思います。

 

審査で借入履歴以外で調査されるのは、いわゆる属性です。具体的に言いますと、基本的な個人情報に属する事柄、氏名・住所・電話番号・生年月日・年齢・職業・勤務先・家族構成等です。もちろん名前だけでは何も判断出来ませんが、これだけの事柄をまとめて分析すれば、申込者の人間性がある程度判断出来るのです。ネットから申し込むと信用情報機関で瞬時に真偽が判定されますし、それ以外での申込方法でも、申込者の話しぶりや対応等の+αで判断されます。

 

まず消費者金融では子供の多い既婚者より、20〜30代で安定して収入のある独身者の方が、自由にお金が使える範囲が広いということで、返済能力があると見なされ有利になります。これが年配の人になりますと、働いていない限り貯金もないと判断され、不利になるのだそうです。子供の多い既婚者は、子供のこと等でお金に余裕がない分、不利になるということです。また電話に関しては、ケータイやスマホだけよりも、固定電話とケータイかスマホ両方あった方が、確実に連絡がつく可能性が高いとみなされるので、有利になるそうです。

 

それから、職業に関してはパートやアルバイト・派遣社員・契約社員等よりは正社員の方が、離職率が低いと判断されるので有利だとのことです。ただ非正規雇用でも勤続年数等によっては、それほど不利にならないこともあり、あくまで比較の問題であり、絶対的なことではありません。次に住所に関することでは、持ち家か賃貸かに関わらず、同じ所に長く住んでいる人の方が連絡先が確実と判断され有利になります。年中引越をしていたり、いつ引越すかわからない人には貸しづらいからです。

 

収入に関しては多ければ有利だとは言い切れず、収入が多いのに何故借りるのかと疑問を持たれる場合もあるので、場合によっては不利になるとのことです。100万以上の融資を受ける場合はさておき、収入証明書の要らない通常の融資では、いわゆる高給取りでない方が有利なのだそうです。また使用目的は生活費と申告すると、よほど生活に困っていると受け取られかねないので、レジャーや買物に使うとした方がいいそうです。返済能力を疑われる事態にもなりかねません。

 

これらの属性に関わる事項と、他社からの借入履歴があるかどうか、あるとすればどの程度かを信用情報機関に照会して、虚偽の申告でないかどうかを調査されます。そこで返済能力の有無の判断材料になるのです。また消費者金融では属性モデルと言って、過去の顧客データから申込者に1番近い属性の人をピックアップし、その人に利用状況から申込者の、未来の返済状況を予測して、利用限度額や契約の可否も判断します。ですから、もしモデルになった人の利用状況が芳しくなかった場合は、不合格になってしまうケースもあり得るそうです。ただ、その人が過去に金融事故を起こしていても、各情報機関で統一されていない場合もあるそうなので、承知しておいてください。

 

また身分証となる本人確認書類は、運転免許証やパスポートよりは、本人の収入面を推測出来る保険証、出来れば特定の組織に属している証明となる社会保険証等の方が有利だそうです。またこれは審査には直接響かないかもしれませんが、自動契約機からの申込では、カメラやモニターで監視されていますから、不審な動きをしないようにした方がよいそうです。