お金を借りるなら審査や金利を徹底比較しましょう!

お金を借りるなら?審査や金利を徹底比較!あなたへのおすすめはココ!

お金を借りるならどこがいいのでしょうか?数ある金融からおすすめポイントを教えます!

 

お金を借りるならどこがいいのでしょうか?数ある金融からおすすめポイントを教えます!

お金を借りたい!と思ったときに、お勧めなのは他にも便利なサービスはありますが、何と言ってもカードローンではないでしょうか。目的型のローンや使途の自由なフリーローンよりも、更に使途が自由で、設定した限度額の範囲内で何度でも借りられる、いわゆる極度型のカードローンは、計画的に使いさえすれば、これほど便利なローンはないと思えるほどです。審査もさほど厳しくはありませんし、カード1枚あれば、店舗に行かなくても近所のコンビニのATM等で、いつでも自由に借りたり返済したりすることが出来るのです。また初回の申込も、パソコンやスマホ等のWEBだけで完了出来る金融機関や業者が増えています。

お金を貸してくれる金融機関の一押しは!

お金を貸してくれる金融機関は、銀行系・信販系・消費者金融系等沢山ありますが、その中でも三菱UFJフィナンシャルグループのアコムなら、大手銀行の傘下にあり資金力も豊富なので、安心して利用することが出来ます。アコムでは初回利用時に、返済期日を35日毎にした人に限りですが、最大30日間金利が0円になる特典があるので、初めて利用する人には有り難いサービスと言えます。気になる実質年率も14.7%〜18%となっており、借入可能額は1万円〜500万円となっています。公式HPに、事前に借入可能かどうかの診断の出来るコーナーがあり、数秒で結果を知ることが出来ます。

 

アコムへは店舗や無人契約機による申込も出来ますが、ネットでも申込から審査・契約までの全ての手続きを行うことが出来ます。友人を紹介すると最大1万円分のクオカードがもらえる特典もあり、午前中に申し込んで審査が早く済めば、即日融資をしてもらうことも十分可能です。また申込内容の確認は電話かメールで行われます。審査には本人確認の身分証として運転免許証・健康保険証・パスポート・外国人登録証等が必要で、50万円までの借入なら、身分証だけで申込が出来ます。希望融資額が50万円を越えると、源泉徴収票・給与明細(直近2ヶ月分)・確定申告書の写し等の収入証明書も必要になります。WEB申込の場合これらの書類は、スマホやケータイのアップロードやカメラ・アプリ等で申込書に添付して、送信することが出来ます。

 

その後、「契約手続きのお願い」というメールが届きますから、その指示に従って手続きを済ませれば、正式に契約をしたことになります。その場で会員ログインをして、振込みによるキャッシングをすれば、すぐにお金を借りることが出来ます。但し、銀行が閉まる時間の都合上、14:00までに全ての手続きが完了した上で、申込をすることが必須条件となります。この際に振込手数料は変わりません。またカードは後日郵送されることになっています。なお無人契約機「むじんくん」から申し込むと、即カードを発行してもらえます。また特に急いで融資をしてもらいたいときは、フリーコールに電話をするようにしましょう。

 

そして肝心の利息ですが、アコムの場合は日数分でいいことになっています。利息は借入残高×利率÷1年の日数で算出出来ますから、自分で試算をしてみても良いでしょう。公式HPでは返済シミュレーションで返済計画の資産も出来ますから、申込の前に試算をしておくことも出来ます。返済期日が近くなると返済期日を教えるEメールも届きますから、返済を忘れる心配もありません。インターネットバンキングを活用すれば、ネットでの返済も可能です。返済方式は定率リボルビング方式ですので、くれぐれも計画的な返済を心がけてください。

 

お金をネットで借りる方法!スマホですぐに申し込み可能!

 

お金をネットで借りる方法!スマホですぐに申し込み可能!

今はお金をネット上だけの手続きで借りることも出来るようになっていますが、ここでは消費者金融からお金を借りるケースで考えてみましょう。消費者金融からネット経由でお金を借りるには、まず各業者の公式HPから申し込んで、申込書に必要事項を記入します。殆どの場合、希望融資額が50万円位までなら、本人確認のための運転免許証や健康保険証・パスポート・外国人登録証等の書類のみを、50万円以上なら、源泉徴収票や給与明細の直近2ヶ月分、確定申告書の写し等の収入証明書を、写メかアプリ又はアップロードで、申込書に添付して送信します。

 

業者にもよりますが、遅くとも午後2時頃までに契約が成立すれば、即振込キャッシングが利用出来ます。キャッシングカードは後日郵送されますから、カードによる借入や返済が可能になるのは、それからになります。振込キャッシングは電話で口頭で伝えても、自分専用のページから申し込んでも構いません。借入額に余裕があれば、お金はすぐ振り込まれて口座から引き出すことが出来ます。

スマホで申し込める消費者金融の代表格と言えば!

スマホで申し込める消費者金融の代表格と言えばプロミスですが、プロミスも14時頃までに申込手続きが完了し、14時50分までに契約が成功すれば、即日融資をしてもらうことは可能です。事前の借入可能かどうかの診断は3秒程で終わります。実質年率は4.5%〜17.8%で、借入限度額は1万円〜500万円となっています。ネット上での手続きならば、年中無休で申込・借入・返済が出来ますから、全てを来店しないで済ますこと出来るわけです。提携先のコンビニのATMからでも返済は出来ますが、もし返済手続きもネット上で行いたい場合は、インターネットバンキングへの登録が必要です。さほど難しい手続きではありませんが、詳しくお話していると長くなりますので、公式HPで御確認ください。

 

またプロミスは、安定した収入があれば学生やパート・アルバイトでも借りることが出来ます。またメルアド登録とWEB明細を利用する条件で、初回利用に限り30日間無利息になる特典があります。次にネット上での具体的な申込の手順について、お話していきたいと思います。まず申込書に自分の情報を入力します。次にプロミスからの確認があり、必要があれば訂正します。次に借入と希望する契約内容を入力します。それからまた確認と、間違いがあれば訂正を行います。訂正が済めば最初の申込は完了です。その際に、同意事項・プロミス会員契約・商品内容の説明・申込時確認事項を、よく確認するようにしましょう。

 

次に審査に入りますが、オンライン化されていますので合否はすぐに判明します。審査結果が来て合格ならば、振込キャッシングによる融資が可能となります。その後契約書類とカードが送られてきますので、その契約書類に記入して返送すれば、それで正式に契約が成立したことになります。その後の借入・返済はネット返済以外は、全てカードで行うことが出来ます。申込の際には、虚偽の申告や記入ミス・記入モレのないようにしてください。せっかくのキャッシングが少しの不注意で台無しにならないよう、十分注意しましょう。

 

お金を借りるときの審査について!契約には審査があります!

 

お金を借りるときの審査について!契約には審査があります!

消費者金融やカードローンの会社、或いは銀行系のローン等を利用しようとすると必ず審査を受けますが、この審査で業者や金融機関側が1番知りたいのは、申込者に返済能力があるかどうかです。どこでも、まず信用情報機関にデータを照会して、申込者の申告に虚偽の内容がないか確認し、またより詳しい情報をここで得るのです。具体的に言いますと、申込者が申告した借入状況や残高、借入社数等のデータが一致しているかどうかを確認し、一切ないと申告している場合でも、本当かどうかを確かめるのです。またそれとは別に勤務先への在籍確認も行い、申込者が本当に安定した収入を得ているのかどうかも確認します。

 

審査に際しては、会社毎に独自の判断基準である「クレジットスコア」というものが存在するのだそうです。それによっても貸すか貸さないか、どの位貸すかを決めているのです。会社によるより詳しい違いは極秘事項だと思われ、絶対全部がこうだと言えることはないのですが、どこの会社についても言えるのは、他社からの借入が3社以上あったり遅延があったり、消費者金融や信販系の1部のローンを利用していて年収の3分の1ギリギリの、つまり総量規制ギリギリの借入があったりしますと、まず審査には通らないと思います。明らかに返済能力がないということを示しているからです。

 

また申込書への虚偽の申告や記入ミス・記入モレも不合格の対象になりますし、銀行系のキャッシングで審査の厳しい所では1社でも借入があると、審査に通らないということもあります。消費者金融や銀行系のカードローン等は、銀行の目的ローンの審査ほど厳しくないとは言われていますが、それでも他社からの借入は清算してから、新たに申し込むようにした方がいいかと思います。銀行の目的ローンとその他の使途の自由なローンを比較しますと、確かに審査は通りやすいのですが、短期で小口の融資が多い関係で、金利が高めになっていることが多いので、その点は了承しておいてください。

 

では最後に、最初の方でお話したクレジットスコアについて御説明しておきたいと思います。これは少しお話したように、どこの会社でも必ず、全部この基準で判断しているということではなく、あくまで平均的な基準だと思ってください。幾つか項目がありますが、その平均値は少しづつ違います。まず1つ目は契約口座の種類です。キャッシング・ローン・分割払・クレカでのショッピングでの利用金額の全体から見た構成比率で、10%の重要性を持っています。2つ目は新規契約口座数です。これはキャッシング・ローン・分割払・クレカのショッピングの新契約数とその割合で、同じく10%の重要性を持っています。

 

3つ目は口座の保有数です。これはキャッシング・ローン・分割払・クレカのショッピングを保有している期間の長さのことで、15%の重要性を持っています。4つ目は契約口座残高です。これはキャッシング・ローン・分割払・クレカのショッピングでの、支払残額、つまり全体の借入金額の合計のことで、30%の重要性を持っています。5つ目は返済履歴です。これはキャッシング・ローン・分割払・クレカのショッピングでの過去の購入履歴のことで、35%の重要性を持っています。この購入履歴から、支払履歴の内訳を調査されるわけです。

 

ここでは過去の取引履歴が審査に与える影響について、重点的にお話しました。他の要素については皆御馴染みの事柄だと思いましたので、ここでは割愛させて頂きました。御了承ください。

 

審査基準と総量規制について

 

審査基準が緩い消費者金融!?

審査基準が緩い消費者金融を扱った比較サイトもたくさんありますが、あまりうのみにしないほうが良いかもしれません。ただし審査に落ちて借りられなかったとしても、無理と断られてもがっかりするのは待ってください。低金利のキャッシング会社を見極めて、効率よく役立ててください。小規模タイプの消費者金融会社の場合は、ある程度はカードローンの審査が甘めになるのですが、総量規制の制限を受けるため、平均年収の3分の1以上の債務がある場合、更に借りることは禁止ということになるのです。このサイトを確認しておけば、誰でも消費者金融で融資審査をクリアする為の対策がわかるので、面倒な思いをして融資をしてくれそうな消費者金融会社一覧を検索して見つけ出す必要性はなくなります。一社ごとの金利のデータが、しっかりと一覧にされた各消費者金融会社の比較サイトもたくさんあります。金利の情報は非常に大事なことなので、丁寧に比較しておきたいものです。昨今では消費者金融系の金融業者に申し込みをする時に、インターネットを使う人もたくさんいるので、消費者金融を取り上げた口コミサイトや、わかりやすくまとめた比較サイトも無数に存在しているのです。

知名度の高い消費者金融なら!

基本は、誰もがその名を聞いたことがある消費者金融会社の場合は、年収等の3分の1を上回る借入があると、貸付審査で良い結果を得ることはまずないですし、借金が3件以上になっていてもそうです。消費者金融に融資の申し込みをする際に興味があるのは金利に関してですが、多数の口コミサイトを見ると、各社の金利や最適な返し方などを、詳細に示してくれているところがたくさんあります。申し込みたい借金先を選んでから色々な口コミを読むと、選んでみた消費者金融会社には行きやすいか行きにくいかというような内容も、わかりやすくていいのではないかと思います。大多数の知名度の高い消費者金融系のローン会社は、無事に契約が完了してから指定した金融機関口座に当日すぐに振り込める即日振込サービスであるとか、初めての申し込みの方には、30日間無利息で借りられるサービスなどを提供しています。通常のクレジットカードなら、一週間以内に審査を完了することができなくもないですが、消費者金融のカードローンは、職場やどれくらいの年収があるかも調査されることになり、審査結果が出るのがおよそ2日後程度になります。

審査に要する時間について

最近では審査に要する時間も迅速になったこともあり、名の知れた銀行グループの消費者金融でも、即日融資をすることが可能となっている場合もありますし、中小タイプの金融業者でもそれほど変わりません。小さ目の消費者金融だと、人の弱みにつけこんできて法外な金利で貸付を実行される場合が多いと聞きますので、即日融資の制度を利用して貸付をしてもらう場合は、知名度の高い消費者金融業者で借りるのが一番いいです。借入金額が膨らみどこの消費者金融会社からも融資が望めないという方は、当サイトのコンテンツの消費者金融業者を一覧にした記事の特集から申し込みをすれば、借金ができるケースもあると思われるので、検討してみることをお勧めします。借り入れをする金額帯によっても金利は違うものになりますから、選択すべき消費者金融だって変わるはずです。低金利な点だけにこだわりを持っていても、あなたに最適の消費者金融会社との出会いは望めません。金利の低い金融業者ほど、定められた審査基準がシビアであるという傾向があります。多様な消費者金融業者一覧で見られるようリスト化して一般に公開しておりますので、とりあえず審査を申請することをお勧めします。

 

おすすめ金融関連サイトリンク集

最新情報

ではここで、すぐにお金を借りたい場合、1回に何社まで申し込むことが可能か?という質問についてお話していきたいと思います。キャッシングは基本的には1回に何社でも申し込むことが出来ますし申し込み・審査自体は無料ですのでお金を取られるという心配は無用です。ですが一辺に4社も5社も申し込みますと、他社からの借入の返済に回そうとしているブラックだと思われてしまいますので、決してそうしないようにしてください。但し審査に不安のある人や30万円以上の借入をしたい人は、時間を置いて申し込むのであれば、2社までは申し込んでも差支えはないと思います。というか、3社以上の一度の申し込みは意味がないと判断します。また消...
消費者金融の契約・融資を受けるためには、まず審査を受けなければなりませんが、よく言われるのは借入履歴に関する話です。それは確かに重要なのですが、ではその他のことはどうでもよいのかと言うと、決してそんなことはありません。そこでここでは、それ以外では何を審査されるのかについて、お話していきたいと思います。審査で借入履歴以外で調査されるのは、いわゆる属性です。具体的に言いますと、基本的な個人情報に属する事柄、氏名・住所・電話番号・生年月日・年齢・職業・勤務先・家族構成等です。もちろん名前だけでは何も判断出来ませんが、これだけの事柄をまとめて分析すれば、申込者の人間性がある程度判断出来るのです。ネット...
2018/11/24 20:39:24 | 金融コラム
一定の収入があれば誰でも気軽に利用出来るようになったキャッシングですが、要は借金をすることに変わりはありません。そこでここでは、そのキャッシングを利用する際の注意点について、お話していきたいと思います。キャッシング利用時にまずすべきことは、お金を借りる目的がハッキリしているかということです。生活費の補填のため、結婚式等のイベントのため、旅行のため買物のため等、どんな目的であれ、借りたい理由がハッキリしていることが大切です。ただ目的と言っても、何となくお金が足りないので借りる、衝動的にお金が欲しくなったので借りる、人にせびられたので借りる、ギャンブル等の遊興費のために借りる等の、不透明な不健全な...
2018/11/24 20:37:24 | 金融コラム
今では多くの人が利用するようになったキャッシングですが、その安全性はどのような点に見出されるのでしょうか。また、そのような点から、安全性に欠けるキャッシングを見抜けばよいのでしょうか。ここではそんなキャッシングの安全性について、お話していきたいと思います。キャッシングと言えば消費者金融のキャッシングサービスが御馴染みですので、主にその消費者金融のキャッシングを念頭に、お話していきたいと思います。消費者金融のキャッシングは、平成20年の改正貸金業法の施行以降、脅しや恐喝を含む強引な取立や、異常に高い高金利による貸付等が厳しく規制されるようになりましたが、悪質且つ危険性の高い業者が、全くいなくなっ...
複数の業者からの借金がある場合は、個別に返しているよりも1本化して1度に返す「おまとめローン」にするとお得です。そのような複数のカードローンをまとめるローンは幾つかありますが、特に人気があり定評もあるのが、オリックス銀行のカードローンのおまとめローンです。ここではその、オリックス銀行のおまとめローンを始めとする、カードローンのサービスについてお話していきたいと思います。銀行のカードローンを利用する場合は、その銀行に口座を開設しなければならない場合もありますが、オリックス銀行では、口座開設も来店も不要で手続きが済ませられるので大変便利です。銀行のカードローンでは、オリックス銀行より低金利の所もあ...
三井住友銀行カードローンについて解説します。当行のカードローンは、審査時間は最短30分で借入限度額は最大で800万円、金利は年4.0%〜14.5%の低金利となっています。審査の結果連絡は9時〜21時の間に行いますが、申込時間によっては連絡が翌日以降になる場合もありますので、早めのお申込をおすすめします。また即日でのカードの発行を希望する人には、ローン契約機での手続をおすすめする場合もあります。申込手続の流れは、申込前の確認事項同意→申込方法選択→入力と確認となり申込手続は完了します。審査結果報告後の手続方法は、当行の支持に従ってください。返済方法は当行での他、イーネットATM・ローソンATM・...
三菱UFJ銀行カードローン・バンクイックのお勧めポイントについてお話していきたいと思います。当行のカードローン・バンクイックは、金利年1.8%?14.6%の範囲で利用出来るお得なカードローンで、お勧め出来るポイントは多数あります。申込前に借入診断や返済シミュレーション、初心者向けのカードローン講座等の閲覧を公式HPで行うことが出来ます。また申込後は同時に会員登録することとなり、次回の返済額や返済期日の照会、利用残高・利息・過去3ヶ月分の取引明細の照会、返済期日のお知らせ、利用状況に応じた利用限度額の増額の案内を、メールでしてもらえるEメールサービスの申込、利用限度額の申込、登録情報の変更等のサ...
みずほ銀行のカードローンについてです。当行のカードローンは最短即日融資可能で、来店や郵送の必要もない便利なカードローンです。但し、これは当行に口座がある場合に限りますので御了承ください。ローンの借入限度額は1000万円、金利は4.0%〜14.0%と、業界最高水準の限度額と最低水準の金利となっています。またみずほダイレクトを利用している人は通帳が用意出来れば、限度額200万円以下でしたら、原則書類提出は要らないことになっています。当行に口座のある場合の申込手続の流れは、申込→審査→メールでの結果報告→合格なら身分証と200万円以上の限度額なら収入証明書とを、スマホやケータイのカメラ機能かカメラで...
三井住友銀行グループのモビットは東京新宿区西新宿に本社があり、プロミスと同様に、SMBCコンシューマーファイナンスが株主となっている、主に消費者金融表業を行っている会社です。モビットのカードローンは借入限度額が500万円で、実質年率4.8%〜18.0%となっています。提携しているATMは全国の銀行やコンビニに約10万台あり、2回目以降の借入や返済に使うことが出来ます。モビットへの申込方法はカード申込か、WEB完結申込のいずれかとなっています。カード申込は誰でも行えますが、WEB完結申込は、三井住友銀行化三菱東京UFJ銀行普通預金口座があり、全国健康保険協会発行の健康保険証か、組合保険証を持って...
キャッシングローン・カードローン・目的別ローン等の事業を展開している会社、アイフルについてお話したいと思いますが、ここでは主にキャッシングローンについてお話していきます。ちなみに、アイフルの本社は京都市下京区にあります。アイフルのキャッシングローンの借入限度額は500万円までで、実質年率は4.5%〜18.0%となっています。来店不要で申込や借入・返済が出来、審査は最短30分で済む場合もあり即日融資も可能です。申込の際には、希望融資額・個人情報・住まい情報・勤務先情報・他社借入状況・希望の連絡先と連絡方法を記入して、申し込むようになっています。満20歳〜69歳までの安定した収入と返済能力のある、...